「 2017年05月 」一覧

エステティック協会にて 5月

 

この前 エステ大手メーカーの新製品勉強会に行ってきました

海外講師のデモンストレーションもあり 内容の濃い勉強でした

お人形のような ものすごく綺麗な先生の手から繰り広げられる技術は

見ているだけで うっとりしてしまいます

 

こんな感じ

↓↓↓

 

 

新商品も とてもステキでしたよ~ (^^♪

 

詳しくは 皆様にこの商品とコースをお披露目できる

そのときまで お待ちくださいね (>_<)

 

 

 

 

 

ルヴニール


乳酸菌

 

腸内環境を整える

 

 

 

乳酸菌 パワー

 

 

腸内環境を整える乳酸菌のタイプは大きく「生きた菌(生菌)」「殺菌菌体(死菌)」に分かれます。

 

前者は生きた菌を腸内に届け腸内環境を改善する。(バランスを変える)考え方プロバイオティスクといいます。

また、後者は死菌は既に住みついている乳酸菌の餌になり、餌を食べることによって乳酸菌の働きが活性化し、ゆえに腸内環境が改善していく考え方プレバイオティクスといいます。

現在はこのプレバイオティクスも有力視されています。

 

また、腸内環境を整え、便を出すことが体内掃除の大きな手段です。

 

 

味噌、納豆、漬物などの発酵食品のほか、食物繊維をふんだんに取り、排泄機能を高めることは、健康維持に大変重要な役割を果たしているのです。

 

 

 

乳酸菌は「調整」作用があり、腸のお掃除をして活動を高めます。

 

  • 整腸作用、腸内腐敗の改善を手助け
  • 腸の活動を高める
  • 食物の消化吸収
  • 便を肛門へ送る
  • 病原菌、腐敗菌の抗菌作用
  • 細菌、ウイルスからの免疫増強作用
  • 便秘、下痢の予防

 

 

 

 

 

ルヴニール


悪玉活性酸素

 

 

悪玉活性酸素 = 「ヒドロキシラジカル」

体内老化の3大原因にすべてに関わる悪の張本人

 

 

 

 

 

<活性酸素は4種類>

①紫外線があたっている部分に多く発生する酸化力の強い一重項酵素

②細胞がエネルギーを作るときに発生する酸化力の弱いスーパーオキシド

③スーパーオキシドが分解された後に生まれる過酸化水素

④スーパーオキシドや過酸化水素が更に変化して、最強の酸化力を持つ悪玉活性酸素「ヒドロキシラジカル」

 

 

悪玉活性酸素の酸化力は通常の酸素の数千倍とも・・・。

 

現在、悪玉活性酸素は200種類以上の病気の原因と言われています

 

 

 

ですので、

体内老化の三大原因を全て加速させる悪の根源「ヒドロキシラジカル」をいかに除去できるかが重要となてくるのです。

 

 

ヒドロキシラジカルは

  • 細胞膜を強力に酸化させ有害な過酸化脂質へ
  • タンパク質を糖質で焦がす糖化を促進
  • 9割が腸内で発生すると言われ腸内腐敗を促進

 

もともと、私たちの体内には抗酸化酵素などが備わっており、体内で発生する活性酸素を消去します。

しかし、加齢と共にその量は減少し、20代をピークに40代でその半分、その後も10年に半分のペースで減少すると言われてます。

抗酸化酵素の量が少ないと活性酸素は勢いを強め、より悪玉活性酸素を発生させやすい環境となってしまいます

 

 

悪玉活性酸素が除去できないままだと・・・(._.)

  • 美容の面での問題、運動能力の低下
  • 動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病
  • ガン、アトピー性皮膚炎、うつ病の発症

などの原因になると言われています。

 


サロン②

 

今日は昼からサロンの模様替えを致しました😆

 

最近3ヶ月に一回のペース

 

少しずつの模様替えです☺

 

今回は大きな鏡を生かした配置替えです🎵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日からお客様 自分自身も全身のチェックが出来るようになりました~🙌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルヴニール

 

 


腐る=腸内腐敗

 

体内老化には3つの要因がございます

 

 

錆(さ)びる

焦(こ)げる

腐(くさ)る

 

 

今日はそのうちの1つ

 

腐(くさ)る= 腸内腐敗

 

 

 

についてご紹介いたします (^^♪

 

 

 

 

 

 

私たちの体には、大気汚染、禁煙、加工食品、などによって、知らないうちに「有害金属(水銀、亜鉛、ヒ素、カドミウムなど)」が溜まっています。

 

これらは活性酸素の大量発生の原因となって、酸化」を進行させ、様々な不調や病気を引き起こします。

 

この有害金属は、大半が便と共に排出されますが、日々の生活習慣やストレスによって悪玉菌が増殖し腸内腐敗を起こし排泄されにくい状態に。

また、植物繊維の摂取不足や筋肉の低下により、腸の蠕動運動が緩慢になって、食べ物のカスが長く腸内に溜まりやすくなり、腸内腐敗を加速させます。

 

 

 

 

 

腸内腐敗には乳酸菌が良い (^^♪

乳酸菌には「整腸」作用があり、腸のお掃除をして活動を高めます。

 

乳酸菌さらに詳しくはhttps://revenir-blog.net/?p=1601&preview=true


活性炭

 

 

海外ではカーボンダイエットで有名

 

活性炭で焦げさせません

 

 

日本古来から使われている食用の『炭』

 

 

 

自然の草木類から作られている炭にはかつて栄養や水分の通り道として使われていた植物の血管とも言える

ミクロの孔が無数に空いており、そこに腸の汚れを大量に吸着。

体外に排泄する強力なデトックス効果を持っており、腸内環境や便秘の改善に一役かってくれています。

 

は活性酸素の原因となる重金属や糖化生生物(AGES)等を強力に吸着し取り除く「排泄」作用を持っています。

 

 

①強力な排泄作用

体内の余分な糖分や脂肪分、体内に蓄積されたAGESの吸着除去が期待できます。

 

 

 

②解毒・還元・整腸作用

下痢止めなどで医療品に使用される例もあり、腸内の毒素、悪玉菌、活性酸素などを除去してくれます。

 

 

 

③強力な消臭作用

匂いの元となる悪性物質を分解・吸収。

加齢臭や口臭を分解してくれる効果も注目されています。

 

 

 

 

 

 

※ 注目の炭にはいろいろな種類がある

糖質を吸収するのが得意なタイプ

油や脂質を吸着し遠赤外線効果があるタイプ

食用炭は安全性が証明されていますが、他の用途の炭は200度以下の低温で炭化させたものばかりで、安全性に欠けます。

必ず 食用の活性炭を選ぶようにしましょう!!

 

 

 

 

 

ルヴニール

 


焦げる=糖化

 

 

体内老化には3つの要因がございます

 

錆(さ)びる

焦(こ)げる

腐(くさ)る

 

 

今日はそのうちの1つ

 

 

焦(こ)げる = 糖化

 

 

についてご紹介いたします (^^♪

 

 

 

 

 

 

血中に余分な糖があると、体内のたんぱく質と結合して様々な変化を遂げ、「糖化生物質(AGES)」になる言われてます。

AGESは強い毒性を持ち、老化を促進する原因物質と言われています。

体を構成する細胞、酵素、脳の伝達物質は大部分がタンパク質です。

それらの大事な部分がこのAGESによって変化する事を、「」と言います。

また、皮膚・骨・血管を構成するコラーゲンもタンパク質ですので、糖化によって働きが悪くなると体の機能低下へつながります。

 

 

 

糖化には活性炭が相性が良い

 

 

 

日本古来のジャパニーズハーブである”炭”

昔からの炭の活用法と言えば、水を浄化したり、美味しくご飯を炊いたり、クローゼトに置いて脱臭剤に使う等が主流でしたが、今、腸内デトックスの画期的手段として注目されています。

炭は糖化生生物(AGES)等を強力に吸着し取り除く「排除」作用も持っています。

 

活性炭詳しくはこちらまで➡http://Activated carbon