老化②

光老化の予防・ケア方法

光老化を予防することができれば、約80%の老化を抑えるといわれています。

毎日のお手入れで紫外線対策&予防をしましょう!

予防は紫外線から肌を守ること!

光老化の予防は、紫外線から肌を守ることで、日焼け止めを塗ることが基本的な予防です (^◇^)

紫外線は日射しが強くなくても常に出ていますので、日常的に使用することがおすすめします

プラス 物理的に紫外線に当たらないように、衣類や帽子なども活用も有効です!。

 

日焼け止めでUVA波をカットしましょう!

光老化の主な原因であるUV-Aは、少しずつ少しずつ真皮内のコラーゲンやエラスチンを変化させながら、肌の弾力を失わせます。

その結果、たるみやシワになったり、肌が本来持つ保湿機能などを低下させてしまいますので、これらに対するケアが必要です。

光老化を予防する最大の方法日焼け止めを使うことです。

日差しの強い春から夏はもちろんですが、秋や冬も使うのがオススメです。また、紫外線は雲やガラスを通り抜けるので、曇りでも、日当たりの良い室内にいる時でも日焼け止めをご使用ください。

日焼け止めは、SPF値のを気にするのも良いですが、UVAをカットするPAの効果が書かれているかをしっかり確認しましょう。重要です!

PA+(プラスワン)からPA++++(プラスフォー)で表され、+の数が増えるほど効果が高くなります。

日常ならPA++程度、長時間の外出やレジャーならPA+++以上が良いです。

また、日焼け止めは効果の強さよりこまめに塗り直すことが大切です。

汗、皮脂、服とのこすれなどで落ちていくので、重ね塗りできるくらいたっぷりの量を3時間ごとに塗り直してくださいね。最近はメイクの上から使用できる日焼け止めも多いですので、その場面に合わせて使い分てみてください

日焼け止め➡https://revenir-blog.net/sun-care/

日焼け止め➡https://revenir-blog.net/sun-care-2/

紫外線は素肌だけでなく、頭皮や瞳も影響があります。

頭皮は顔の皮膚とつながっているため、紫外線対策をしていないと顔の老化にも関係します。

また、紫外線が瞳に浴びると「紫外線を浴びた」という信号が脳に送られてメラニンの生成を促しますので、日差しが強い時期は頭皮と瞳も紫外線から守ってあげることも大切です。

頭皮は日傘や防止で、瞳はUVカットコンタクトレンズやサングラスなどを使うのが効果的です。

 

食べ物で体の中から予防しましょう!

食事やサプリメントによるビタミンなどの摂取

コラーゲンは体内に十分に補給されると新しいものへと入れ替わることができます。そのため、コラーゲンやコラーゲンの合成に関わるビタミンCの補給が欠かせません。また、紫外線によって生み出された活性酸素の除去を行うビタミンE、βカロテンなども効果的です。

 

  • 高い抗酸化作用のある緑黄色野菜、ナッツ類
  • ビタミンCを多く含む野菜類、果物類
  • タンパク質を多く含む肉類、豆類

肌の水分量を保つスキンケア

光老化によって保湿機能が低下した肌は、バリア機能http://Barrier functionも弱まっておりトラブルが起きやすくなります。

そのためたっぷりと肌を保湿し、バリア機能を整えておくことも大切です。

 

日焼けしたらアフターケアをしっかりしましょう!

もし日焼けしてしまったら、きちんとアフターケアをしましょう。

肌が赤くなり痛みを感じる時は、冷たいタオルで肌を冷やして熱を取り除いてください。

赤みが落ち着いたら、たっぷり保湿してあげてください。

ただし、ひどい状態なら皮膚科へ行きましょう。

日焼け後は肌が乾燥しやすいのでまずは、水分を補う保湿ケアを しっかり行うことが大切です。その後に美白の成分配合のお化粧品でケアしてあげましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする