悪玉活性酸素

悪玉活性酸素 = 「ヒドロキシラジカル」

体内老化の3大原因にすべてに関わる悪の張本人

<活性酸素は4種類>

①紫外線があたっている部分に多く発生する酸化力の強い一重項酵素

②細胞がエネルギーを作るときに発生する酸化力の弱いスーパーオキシド

③スーパーオキシドが分解された後に生まれる過酸化水素

④スーパーオキシドや過酸化水素が更に変化して、最強の酸化力を持つ悪玉活性酸素「ヒドロキシラジカル」

悪玉活性酸素の酸化力は通常の酸素の数千倍とも・・・。

現在、悪玉活性酸素は200種類以上の病気の原因と言われています

 

ですので、

体内老化の三大原因を全て加速させる悪の根源「ヒドロキシラジカル」をいかに除去できるかが重要となてくるのです。

ヒドロキシラジカルは

  • 細胞膜を強力に酸化させ有害な過酸化脂質へ
  • タンパク質を糖質で焦がす糖化を促進
  • 9割が腸内で発生すると言われ腸内腐敗を促進

もともと、私たちの体内には抗酸化酵素などが備わっており、体内で発生する活性酸素を消去します。

しかし、加齢と共にその量は減少し、20代をピークに40代でその半分、その後も10年に半分のペースで減少すると言われてます。

抗酸化酵素の量が少ないと活性酸素は勢いを強め、より悪玉活性酸素を発生させやすい環境となってしまいます

悪玉活性酸素が除去できないままだと・・・(._.)

  • 美容の面での問題、運動能力の低下
  • 動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病
  • ガン、アトピー性皮膚炎、うつ病の発症

などの原因になると言われています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする