バリア機能

バリア機能を高めて 美しい肌を保ちましょう!

私たちの肌には本来、肌の水分を保持したり、外から異物が侵入するのを防ぐ役目があります

それが皮膚のバリア機能です。

角質を含む表皮や皮脂膜が皮膚のバリア機能の役目をしています。

皮膚のバリア機能は2つある

  • 皮脂膜
  • セラミド

皮脂膜

皮脂膜は人間の体から出る弱酸性の油分で水分の蒸発を防いでいます。また、常在菌といわれる善玉菌がおり、悪玉の病原菌から肌を守っています。紫外線もカットしています。

健康な皮膚であればダニやホコリ、バイ菌、ハウスダストなどの異物は表皮から侵入できません。肌にある水分の蒸発も表皮が防いでくれます。まさに天然の保湿剤です。

セラミド  

セラミドとは肌の角質層で、細胞と細胞の中でスポンジのように水分や油分を抱えこんでいるような存在( 細胞間脂質)です。

肌や髪のうるおいに欠かせない働きをしてます。

肌の角質層は角質細胞が何層にも重なってできており、その一つ一つを接着しているセメントのような存在です。

セラミドは細胞間脂質の主成分にあたり約半分の50%を占めています。もともと体内にある成分で、肌にうるおいを与えてくれます

セラミドhttps://revenir-blog.net/ceramide/

まとめ

今は生活する中で、肌の表皮を傷つける要因が多いことや肌に必要なビタミンやミネラルが不足しがちなこと、油分のバランスが悪いこと、洗いすぎ、間違ったスキンケアなどから、皮膚のバリア機能を壊してしまうことで、肌の健康が損なわれやすいです。

皮膚バリアが壊れてしまうと、皮膚に異物が侵入してきます。また、肌にある水分は蒸発しやすくなります。
そのため乾燥肌になる方や、アトピー性皮膚炎や赤ちゃんや子供の肌荒れから大人の敏感肌など肌トラブルが増えています。

ルヴニールでは、バリア機能をサポートする商品をご紹介してます

お問い合わせはこちらまでお願いいたします

 サロン・ド・エステ ルヴニール 06-6775-1566

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする