化粧水のつけ方

 

美肌のための

 

正しい化粧水のつけ方 できていますか?

保湿するといえば、化粧水を思い浮かべる人も多いのでは?

毎日きちんと化粧水をしているのに乾燥を感じる(*_*)

 

そんな悩みがある方は、化粧水の使用法を見直してみましょう!

正しい使用法で美肌を手に入れられますよ~ !(^^)!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

化粧水は洗顔後すぐにつけましょう!

洗顔後、時間が経つにつれ化粧水の浸透が悪くなります。
また、洗顔後がもっとも乾燥します、だるだけ早く化粧水をつけましょう!

化粧水の量は?

化粧水は少ないよりはたっぷりの使用が好ましいです。

ただ、一度のたっぷり使用するよりは、こまめに2~3回に分けて化粧水を、使用することをお勧め致します。そうすることで、浸透が速く、効果的ですよ

基本の目安は各製品の説明にある表記の量を参考にしてください

ただし、乾燥がひどく感じる人は、使用回数を増やしてみたくださいね

手でつけるの?コットンを使うの? どっちが良いの??

   OR

どちらも 基本はたっぷり肌に染み込ませるように化粧水を入れること

肌質にあわせて使い分け、自分に合った方法を試してくださいね

手でつける時の注意点

  1. 1回あたりが、手からこぼれない位の量を、手の平全体に広げる
  2. 手の平全部で顔を覆うようにして、頬、額、あご、鼻や目の周りなどまんべんなく肌になじませる。その際、少し下から上に押し上げるように肌を優しくプレスし、化粧水が染み込むようなイメージでしてくださいね
  3. 化粧水が肌に浸透したのを感じたら、もう一度手の平に化粧水を追加し、再度同じことを繰り返してください
  4. 次に、目もと、小鼻、眉間、鼻の下など細かい部分を重点的に、優しく指の腹の部分などを使って肌に浸透させてください。優しくですよ~
  5. 最後に手の平や甲で触れてみて肌にピタッと吸い付くような感触になれば完了です

手でつけるほうがコットンでの刺激が少ないですが、、化粧水が手に浸透し肌に均等につけれない場合もあります。鏡を見て、均一に化粧水をつけれているか確認しながら行うと良いですよ~

コットンを使用時の注意点

  1. コットンの裏側まで十分に濡れるくらいのたっぷりの化粧水をつける
  2. 顔の内側から外側に向かって、頬や額など広い部分から、鼻、あごと丁寧にふくようにつける。その際は、強くこすらない!
  3. 足りない場合には、同じコットンに化粧水をたして繰り返す。ただし、コットンの面が毛羽立っているようなら、新しいコットンに代えましょう

パッティングはあまりお勧めしません

敏感な方や、皮膚が薄い方は、毛細血管を傷つけ赤ら顔の原因につながります。過度な刺激はやめましょう

コットンの品質も重要です。肌に優しいものを選んでくださいね。

また、使用するコットンは繊維が肌を刺激して傷つけてしまうこともあります、ですので敏感な肌や、皮膚が薄い方にはお勧めできません (+_+)

健常な肌の方は問題がなく、コットンで保湿ができますよ~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする