乳酸菌

腸内環境を整える

乳酸菌 パワー

腸内環境を整える乳酸菌のタイプは大きく「生きた菌(生菌)」「殺菌菌体(死菌)」に分かれます。

前者は生きた菌を腸内に届け腸内環境を改善する。(バランスを変える)考え方プロバイオティスクといいます。

また、後者は死菌は既に住みついている乳酸菌の餌になり、餌を食べることによって乳酸菌の働きが活性化し、ゆえに腸内環境が改善していく考え方プレバイオティクスといいます。

現在はこのプレバイオティクスも有力視されています。

また、腸内環境を整え、便を出すことが体内掃除の大きな手段です。

味噌、納豆、漬物などの発酵食品のほか、食物繊維をふんだんに取り、排泄機能を高めることは、健康維持に大変重要な役割を果たしているのです。

乳酸菌は「調整」作用があり、腸のお掃除をして活動を高めます。

  • 整腸作用、腸内腐敗の改善を手助け
  • 腸の活動を高める
  • 食物の消化吸収
  • 便を肛門へ送る
  • 病原菌、腐敗菌の抗菌作用
  • 細菌、ウイルスからの免疫増強作用
  • 便秘、下痢の予防

ルヴニール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする