腐る=腸内腐敗

体内老化には3つの要因がございます

錆(さ)びる

焦(こ)げる

腐(くさ)る

今日はそのうちの1つ

腐(くさ)る= 腸内腐敗

についてご紹介いたします (^^♪

私たちの体には、大気汚染、禁煙、加工食品、などによって、知らないうちに「有害金属(水銀、亜鉛、ヒ素、カドミウムなど)」が溜まっています。

これらは活性酸素の大量発生の原因となって、酸化」を進行させ、様々な不調や病気を引き起こします。

この有害金属は、大半が便と共に排出されますが、日々の生活習慣やストレスによって悪玉菌が増殖し腸内腐敗を起こし排泄されにくい状態に。

また、植物繊維の摂取不足や筋肉の低下により、腸の蠕動運動が緩慢になって、食べ物のカスが長く腸内に溜まりやすくなり、腸内腐敗を加速させます。

腸内腐敗には乳酸菌が良い (^^♪

乳酸菌には「整腸」作用があり、腸のお掃除をして活動を高めます。

乳酸菌さらに詳しくはhttps://revenir-blog.net/?p=1601&preview=true

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする