錆びる=酸化

体内老化には3つの要因がございます

錆(さ)びる

焦(こ)げる

腐(くさ)る

今日はそのうちの1つ

錆(さ)び = 酸化

についてご紹介いたします (^^♪

私たちの体には、約60兆個の細胞で構成されていると言われてます( ゚Д゚)

その細胞の周りには、細胞膜と呼ばれる膜があります。

細胞膜は脂質でできており、呼吸によって発生した活性酸素によって酸化され傷付くことで、有害な過酸化脂質(酸化脂)へと変化してします。

これが 錆び付いた状態

すると細胞が新陳代謝をスムーズに行えなくなったり、働きを失ったりして、本来の役目を十分に果たせなくなり、全身が錆び付いた状態になっていくのです (;_:)

これには水素が抜群に相性が良い

水素は悪玉活性酸素を選び消去する『抗酸化』作用を持っています

さらに、水素は水素自身が悪玉活性酸素を消すだけでなく食事などで取り入れた抗酸化物質をリサイクルして生命力や免疫力を高めることができる画期的な物質です

さらに詳しくは↓↓↓

水素とは? 活性酸素とは?https://revenir-blog.net/possibility-of-hydrogen/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする